Title 「2018年度」、Folder 「2018年度 - 全学教育機構 - 共通基礎科目 - 情報リテラシー科目
Detail of syllabus is in the following.
Faculty of Medicine
Syllabus of Graduate school of medical science from this place
Course year   2018   Semester   前期  
Course Number   1-007x000  
Subject code   G1231101  
Subject Name   情報基礎概論  
Charge teacher(Organization)   北垣 浩志  
Unit Count  
Day・Period   金2  
学士力番号 1-(2)  
講義形式 講義  
講義概要 教員がコンピューターの構造、情報の取り扱い方、インターネットの仕組みなどを教える。  
開講意図 農学部の学生が必要な情報の基礎知識を学ぶ。  
到達目標 学生が企業に就職したときに困らない程度の情報の基礎知識を身につけ、情報に対する親和性のある態度を身に着け、コンピューターを使える技能を身に着ける。
学士力1(3)に対応している。  
聴講指定 農学部の学生を対象とする。  
履修上の注意 教科書の予習と復習を行うこと。  
授業計画
内容授業以外の学習
1農学分野の技術者に必要な情報知識予習復習をしておくこと 
2コンピューターの構造予習復習をしておくこと 
3OSの仕組み予習復習をしておくこと 
410進数と2進数、8進数、16進数予習復習をしておくこと 
5論理回路予習復習をしておくこと 
6インターネットの仕組み予習復習をしておくこと 
7LANの構築方法予習復習をしておくこと 
8さまざまなソフトウェア予習復習をしておくこと 
9記録媒体の種類と特徴予習復習をしておくこと 
10出力装置の種類と特徴予習復習をしておくこと 
11ウィルス対策予習復習をしておくこと 
12情報に関わる倫理予習復習をしておくこと 
13コンピューターを使ったプレゼン方法予習復習をしておくこと 
14農学分野で使うインターネットのサイト予習復習をしておくこと 
15まとめ予習復習をしておくこと 
成績評価の方法と基準 平常点は授業への参加状況、講義の最後に行う確認テストの提出や課題提出の状況などにより総合的に判断する。定期試験により評価する。
平常点と定期試験の配点比率はそれぞれ20%、80%である。

企業に就職したときに困らない程度の情報の基礎知識を身につけているか、情報に対する親和性のある態度を身に着けているか、コンピューターを使える技能を身に着けているかを成績評価方法とする。

前学期定期試験及び中間試験の問題、解答例及び配点を開示する。閲覧を
希望する者(履修登録した者に限る)は、平成30年8月7日までのオフィスア
ワーの時間帯に担当教員の研究室まで事前に電子メールで連絡してから来ること。
 
開示する試験問題等 定期試験の問題、解答及び配点を開示する。  
開示方法 閲覧を希望する者(履修したものに限る)は、平成30年8月7日までのオフィスアワーの時間帯に担当教員の研究室まで事前に電子メールで連絡してから来ること。  
教科書
Title Edition
Statement of Responsibility The name of the publisher Year of Publication
Remarks (Volume, etc) ISBN
コンピュータとネットワーク概論  
趙華安  共立出版  2005 
   
オフィスアワー 水曜日1限  
Copyright (c) 2015 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.