タイトル「2018年度」、フォルダ「2018年度 - 大学院 - 農学研究科
シラバスの詳細は以下となります。
医学部のシラバスは こちらから。
医学系研究科のシラバスは こちらから。
開講年度   2018   開講時期   前期  
コースナンバー   4548x-555  
科目コード   81031500  
科目名   先端情報技術学特論  
担当教員(所属)   稲葉 繁樹(農学部),北垣 浩志(農学部)  
単位数  
曜日・校時   月2  
講義形式 講義および演習  
講義概要 生物科学・農業生産における情報の取り扱いは重要であり、その処理においてデータベースの運用は必要なスキルであるため、データベースの基礎について学ぶ。  
開講意図 データベース実践演習をおこなうことで、基本的なデータ処理システムの構築におけるリレーショナルデータベースや派生技術などについて学習する。  
到達目標 データベースについての基本的な理解および利用方法の習得  
授業計画
内容授業以外の学習
1データベース概説データベースの種類・用語について予習をしておくことが望ましい. 
2リレーショナルデータベースの設計各種用語について学習しておくこと. 
3データベース構築演習1 正規化について第1正規化~第3正規化までの内容について,復習をしておくこと. 
4データベース構築演習2 リレーショナルデータベースの構築リンクを張る際の注意点について復習をしておくこと 
5データベースの運用演習1 検索機能等後日,自分で学習内容について到達度を確認すること. 
6データベースの運用演習2 クエリの利用内容について復習しておくこと. 
7データベースの運用演習3 フォームの利用内容について復習しておくこと. 
8データベースの運用演習4 レポートの作成内容について復習しておくこと. 
9  
10  
11  
12  
13  
14  
15  
成績評価の方法と基準 平常点(50%)および課題(50%)の提出  
開示する試験問題等 平常点(授業参加状況) および 授業中に出す課題のレポートにて評価を行う。
なお、レポートの評価基準については、課題の中で要求された機能を満たしていることを第一とする。
 
開示方法 閲覧を希望する者(履修登録した者に限る)は、口頭もしくは電子メールで担当教員に申込むこと。  
教科書
資料名
著者名 発行所名・発行者名 出版年
備考(巻冊:上下等) ISBN
特になし  
     
     
オフィスアワー 木曜日1時間目  
Copyright (c) 2015 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.