タイトル「2018年度」、フォルダ「2018年度 - 学部 - 農学部
シラバスの詳細は以下となります。
医学部のシラバスは こちらから。
医学系研究科のシラバスは こちらから。
開講年度   2018   開講時期   通年  
コースナンバー    
科目コード   74030300  
科目名   卒業研究  
担当教員(所属)   北垣 浩志(農学部),稲葉 繁樹(農学部),田中 宗浩(農学部),鈴木 章弘(農学部),有馬 進(農学部),染谷 孝(農学部),上埜 喜八(農学部),江原 史雄(農学部),松本 雄一(農学部),福田 伸二(農学部)  
単位数  
曜日・校時   時間外  
学士力番号 1(4), 2(3), 3(3)  
講義形式 演習,実験実習  
講義概要 研究分野において取り組むべき課題を設定し,専門分野の講義で得た知識,実験実習を通して身につけてきた技術を用いて,問題解決や新たな発見を果たすための研究を行い,そのプロセス及び結果を論文としてまとめる。また,得られた成果は第三者の前で発表をし,質疑応答を行う。  
開講意図 大学で学ぶ専門分野の知識や技術を,実社会においてどのように役立てることができるかを理解し,これらを自律的に使いこなす能力を身につける
 
到達目標 専門分野の基本概念や原理を理解して説明できる。さらに研究及び実験の技法に習熟し,実行することができる。
現代社会における諸問題を多面的に考察し,その解決に役立つ情報を収集し分析できる。
専門分野の課題を発見し,その解決に向けて専門分野の基礎的な知識と技法を応用することができる。
課題解決のために,他者と協調・協働して行動でき,また,他者に方向性を示すことができる。  
聴講指定 資源循環生産学コースに所属し,3年生後学期終了時に取得単位数が110単位以上の者を対象とする。  
授業計画 下記内容について、立案・実行する。時間枠は決まっていないため、授業時間内・外の学習については区別しない。

1. 研究計画の立案
研究資料収集
資料の整理と解析
実験計画の検討と作成

2.実験
予備試験,本試験
実験及び結果の記録

3.実験結果のまとめ
結果の集計と考察
報告書作成
研究結果及び成果の検討

4.卒業論文の作成  
成績評価の方法と基準 到達目標に記した項目に基づいて,平常点(ゼミへの参加、研究打ち合わせに対する準備・研究取り組み状況など)(30%),卒業論文および卒論発表の成果(70%)を評価する。  
開示する試験問題等 卒業論文,中間報告書,卒業論文要旨  
開示方法 担当教員に申し出ること。  
教科書
資料名
著者名 発行所名・発行者名 出版年
備考(巻冊:上下等) ISBN
必要な資料や文献は随時指示を行う。  
     
   
参考図書
資料名
著者名 発行所名・発行者名 出版年
備考(巻冊:上下等) ISBN
オフィスアワー 稲葉(木1)田中(木1)鈴木(水1)有馬(火5)染谷(水5)北垣(水1)
{ここまでは各教員の研究室で対応.これ以下は非常勤講師室で対応}
上埜(木5)江原(水5)松本(木5)福田(水5)  
Copyright (c) 2015 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.