タイトル「2015年度」、フォルダ「2015年度 - 全学教育機構 - 基本教養科目 - 前学期
シラバスの詳細は以下となります。
医学部のシラバスは こちらから。
医学系研究科のシラバスは こちらから。
開講年度   2015   開講時期   前期  
コースナンバー   1-770x000  
科目コード   G1321008  
科目名   シルクロード入門  
担当教員(所属)   穂屋下 茂(全学教育機構)  
単位数  
曜日・校時   時間外  
学士力番号 1-(1)  
曜/限追記 4月より配信(教室が必要ないため、時間割上は時間外での登録)  
講義形式 ネット授業  
講義概要 「シルクロード」、「ガンダーラ」、「敦煌・莫高窟」。この3つのキーワードをもとに、フォトジャーナリスト大塚清吾さんの写真を見ながら、シルクロードを通じて伝わった仏教及び仏教美術を中心に、文化や芸術の東西交流について学習する。  
開講意図 グローバル化が進んだ世界の中で、古代より文化や文明がどのように広がり、現在の世界が形成されたかを知っておくことは、とても重要である。
シルクロードは、古代よりユーラシア大陸の東西交流の一大ルートであり、シルクロードを知ることは、アジアにおいてどのように文化や文明が広がったかを知ることに繋がる。
大塚清吾さんはNHKシルクロード特集の撮影に同行し、今では見ることができない貴重な風景を写真に収められている。
その写真を見て解説を聴くことで、シルクロードについての知識を深めるとともに、アジアそして世界を広く見る目を養ってもらいたい。  
到達目標 ・仏教の誕生と伝来について説明できる。
・敦煌莫高窟を中心とした仏教美術の成り立ちと伝来について説明できる。
・シルクロードが東西文化の交流にどのような役割を果たしたか自分の意見を述べることができる。  
履修上の注意 本科目は、ネット授業である。授業をきちんと受講できる環境(インターネットに繋がったPC)を整えることが受講の前提である。
(自宅で受講できなくても総合情報基盤センター等の学内施設で受講はできるが、利用できる時間帯は決まっているため注意が必要である。)  
授業計画 授業の配信スケジュールの詳細は、開講後にネット上の掲示を参照。
毎回の授業は、講義の聴講完了とレポート課題の提出をもって出席とする。
定期試験は行わないが、期末レポートを課する。
内容授業以外の学習
1イントロダクション 
2総論レポート課題(オンラインで提出) 
3シルクロードと仏の道Ⅰレポート課題(オンラインで提出) 
4シルクロードと仏の道Ⅱレポート課題(オンラインで提出) 
5シルクロードと仏の道Ⅲレポート課題(オンラインで提出) 
6シルクロードと仏の道Ⅳレポート課題(オンラインで提出) 
7大黄河Ⅰレポート課題(オンラインで提出) 
8大黄河Ⅱレポート課題(オンラインで提出) 
9河西回廊から敦煌へⅠレポート課題(オンラインで提出) 
10河西回廊から敦煌へⅡレポート課題(オンラインで提出) 
11敦煌・莫高窟の風景Ⅰレポート課題(オンラインで提出) 
12敦煌・莫高窟の風景Ⅱレポート課題(オンラインで提出) 
13敦煌・莫高窟の風景Ⅲレポート課題(オンラインで提出) 
14敦煌莫高窟・飛天の舞レポート課題(オンラインで提出) 
15春日大社の構図レポート課題(オンラインで提出) 
成績評価の方法と基準 ①各回講義の聴講後にレポート課題を課す。オンラインで提出。レポート課題の得点を平常点とする。原則、全ての講義を聴講しなければならない。講義の聴講を完了せずにレポートを提出しても得点は無効となる。
②期末レポートを課す。
最終成績は、①を70%、②を30%として評価する。
5回以上レポート提出がない場合は、単位は認定しない。  
開示する試験問題等 毎回のレポート及び期末レポート  
開示方法 毎回のレポートはオンライン上で開示している。
期末レポートについては、希望者はeラーニングスタジオにて開示する。  
教科書
資料名
著者名 発行所名・発行者名 出版年
備考(巻冊:上下等) ISBN
なし  
     
   
リンク
ネット授業
簡易TP_穗屋下
オフィスアワー 木曜日2校目(要連絡)また、科目の談話室を利用して、質問、相談を受ける。  
その他 ※デジタル表現技術者養成プログラムの選択科目である。  
Copyright (c) 2015 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.