タイトル「2015年度」、フォルダ「2015年度 - 全学教育機構 - 基本教養科目 - 後学期
シラバスの詳細は以下となります。
医学部のシラバスは こちらから。
医学系研究科のシラバスは こちらから。
開講年度   2015   開講時期   後期  
コースナンバー   1-430x000  
科目コード   G1312016  
科目名   セラミックスの不思議  
担当教員(所属)   渡 孝則(工学系研究科)  
単位数  
曜日・校時   時間外  
学士力番号 【学士力番号 1(3)③】  
曜/限追記 ネット授業(インターネット配信による授業)  
講義形式 ネット授業(インターネット配信による授業)  
講義概要 初めに、セラミックスの全般的な説明(定義、特徴、一般的製造方法、組織など)を行なった後に、不思議な(特徴ある)セラミックスについて特性とその特性発現理由を分かり易く説明する。  
開講意図 電気を蓄えるコンデンサー、圧力を電気に換える着火装置、電圧を変形に換えるブザー、体温を検知する感温センサー、燃焼ガスセンサー、太陽光で汚れを分解する光触媒、モーターに利用される磁石、ガスの化学燃焼による燃料電池、特殊なガラスを知り、原理について理解する。  
到達目標 ネット授業の資料を用いて、
1.セラミックスの定義、製造法について説明できる。
2.身近な製品に利用されている機能性セラミックスについて説明できる。  
聴講指定 身近な電子セラミックスの受講生または単位取得者および理工学部機能物質化学科所属の学生は受講できない。  
履修上の注意 各授業はインターネット上で聴けるネット授業(自宅から聴講可能)で、内容を理解するまで何度でも聴くこと。また、各章に確認問題があるので、必ず解答する事。ネット上の掲示板や談話室を活用して、連絡や質問、回答を行なう。ただし、質問は各自が事前に本などで調べてから行う事。
講義、必要な資料の配布などもインターネット上で行なう。
総合情報基盤センターでも聴講できる。なお、センターで聴講する場合には、授業のない演習室を利用し、ヘッドホーンを持参する事。  
授業計画 受講生はネットに掲載の「履修のガイダンス」を良く理解し、受講すること。
共通課題:各章の確認問題を解き、復習すること。
第1回 ガイダンス・総論
第2回 セラミックス入門(1)
第3回 セラミックス入門(2)
第4回 誘電体セラミックス
第5回 圧電性セラミックス-圧電効果-
第6回 圧電性セラミックス-逆圧電効果-、焦電性セラミックス
第7回 中間レポート
第8回 半導体の基本特性
第9回 半導体セラミックス
第10回 TiO2半導体の光触媒特性
第11回 磁性セラミックス(1)
第12回 磁性セラミックス(2)
第13回 イオン伝導性セラミックス
第14回 高機能性ガラス
第15回 セラミックスの不思議(総括)  
成績評価の方法と基準 ネット授業へのアクセス状況および確認問題(70点)(到達目標1)、中間レポート(15点)(到達目標2)、最終レポート(15点)(到達目標2)により成績を評価し、この合計が60点以上を合格とする。なお、未聴講・未回答の合計回数が4回以上のものは不合格とする。また、レポート未提出者も不合格とする。  
開示する試験問題等 確認問題の解答  
開示方法 受講ネット上で公開する。  
教科書
資料名
著者名 発行所名・発行者名 出版年
備考(巻冊:上下等) ISBN
なし(ネット授業で使用するパワーポイントが資料となる)  
     
   
オフィスアワー 金曜日の5校時  
その他  
Copyright (c) 2015 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.