タイトル「2014年度」、フォルダ「2014年度 - 学部 - 農学部
シラバスの詳細は以下となります。
医学部のシラバスは こちらから。
医学系研究科のシラバスは こちらから。
開講年度   2014   開講時期   前期  
コースナンバー   3619x-252  
科目コード   74301710  
科目名   農業資源物質工学  
担当教員(所属)   北垣 浩志(農学部)  
単位数  
曜日・校時   火2  
学士力番号 2(2)  
講義概要 教員が農業や林業、食品製造業で生産される資源を、物質として活用するために必要な学術的基盤について講義を行う。  
開講意図 学生が農業や林業、食品製造業の資源を活用するための技術的基盤を学ぶ。  
到達目標 学生が農業・林業資源を物質変換するための技術の物質的基盤を理解し、これらの技術を学ぶ態度を身に着け、これらの物質変換をできる技能を身に着ける。
学士力2(2)に対応している。  
聴講指定 大学1,2年程度の物理化学、有機化学、無機化学を理解していることを受講の前提とする。  
授業計画
内容授業以外の学習
1農業・林業・食品製造業における資源とは どのような資源があるかを復習する 
2農業・林業・食品製造業から生産される資源の利用方法前回の内容の復習 
3農業・林業・食品製造業から生産される資源の物質組成 前回の内容の復習 
4リグノセルロースの物理化学的特性 前回の内容の復習 
5リグノセルロースの生物化学的特性 前回の内容の復習 
6リグノセルロースの物理化学的変換 前回の内容の復習 
7リグノセルロースの生物化学的変換 前回の内容の復習 
8バイオエタノールの物理化学的特性前回の内容の復習 
9バイオエタノールの生物化学的変換前回の内容の復習 
10バイオディーゼルの物理化学的特性前回の内容の復習 
11バイオディーゼルの製造方法前回の内容の復習 
12バイオマス物質の物理化学的特性前回の内容の復習 
13バイオマス物質の生物化学的特性前回の内容の復習 
14バイオマス物質の有効利用前回の内容の復習 
15バイオマス物質を原料とした産業前回の内容の復習 
成績評価の方法と基準 平常点は授業への参加状況、講義の最後に行う確認テストの提出や課題提出の状況などにより総合的に判断する。定期試験で評価する。
平常点と定期試験の配点比率はそれぞれ30%、70%である。  
開示する試験問題等 定期試験の問題と回答、配点を開示する。  
開示方法 閲覧を希望する者(履修登録したものに限る)は、平成26年8月7日までのオフィスアワーの時間帯に担当教員の研究室まで事前に電子メールに連絡してから来ること。  
教科書
資料名
著者名 発行所名・発行者名 出版年
備考(巻冊:上下等) ISBN
バイオサイエンス有機化学 4th 
グランドウォーター  化学同人  2000 
   
参考図書
資料名
著者名 発行所名・発行者名 出版年
備考(巻冊:上下等) ISBN
ボルハルトショアー現代有機化学 マッカーリ・サイモン 物理化学  
     
マクマリー有機化学   
オフィスアワー 毎週水曜1校  
Copyright (c) 2015 NTT DATA KYUSHU CORPORATION. All Rights Reserved.